by

もしかして私も?!自分ではわかりにくいわきがのセルフチェックポイント

わきがのセルフチェックポイント

臭いというのは目に見えません。それに慣れてしまうので気付きにくい厄介な存在です。自分がわきがであるか確かめる方法として、汗ジミのチェックがあります。臭いの原因はアポクリン汗腺が人よりも発達したことです。ここから出る汗と脂肪酸が混ざることで独特の臭いを発するのです。この2つが混ざった液体が洋服の襟につくと黄色いシミとなるのです。

脂肪など水分以外の成分が多いので、このシミは洗濯しても落ちにくい特徴があります。襟やパンツに黄色い汗ジミがついていたら、自分がわきがである可能性が高いと思った方がいいでしょう。

 

単なる汗ジミとの違いがわからない

通常の汗のシミは黄色く変色しません。普段から脂肪分の多い食事が多くて脂肪酸が多い方は多少黄色くなるかもしれませんが、通常洗濯をすればきれいに落ちます。しかし、わきがの方の場合は洗濯をしてもなかなか落ちないのです。つまりきれいに洗ったシャツの襟が黄色いならわきがと思っていいでしょう。

それでもわからないなら、1日着たシャツを洗濯しないでビニール袋に入れて密封し臭いを嗅いでみましょう。それで鼻をつくツンとするあの独特の臭いがしたなら残念ながらあなたはわきがです。必要であれば病院で治療を受けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です